ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Michel Petrucciani / Michel Petrucciani 名盤を探せ Part 3-8 | main | Nightline New York / Joachim Kuhn 名盤を探せ Part 1-34 >>
2012.10.08 Monday

Solid Ether / Nils Petter Molvaer 名盤を探せ Part 3-10

10. Solid Ether / Mils Petter Molvaer 

ヨーロッパのよくわかんない人 と Sidsel Endresen


かっこいいんだからしょうがない

かけ上がる電気ラッパ、カオティックにかき鳴らされるギター、ドラムンベース(時々人力の)計算し尽くされた曲の展開にもうカタルシスびんびんです。
Sidsel Endresenの歌も最高。何よりマンフレード・アイヒャーの器のデカサ(懐の広さ?)に感服
Nils Petter Molvaer (tp), Eivind Aarset (gt), Audun Erlien , DJ Strangefruit , Per Lindvall , Rune Arnesen , Sidsel Endresen (vo) , Reidar Skar 


1. Dead Indeed
2. Vilderness 1
3. Kakonita
4. Merciful 1
5. Ligotago
6. Trip
7. Vilderness 2
8. Tragamar
9. Solid Ether
10. Merciful 2


Recorded: 1999


ECM Records




ECMの新時代を感じさせる超名盤の紹介です。

メンバーはDJ畑の方々が多いので、ジャズ畑のミュージシャン3名を紹介したいと思います。

まず、リーダーの Nils Petter Molvaer(ニルス・ペッター・モルヴェル)。ノルウェー出身のトランペッターで、1980年代からArild Andersenのグループに参加。このSolid Etherのようなクラブ系ジャズっぽい作品を多数残しています。たしか東京JAZZにも出演していて、その際は普通のジャズも演奏していたとかなんとか。

ギターの Eivind Aarset(アイヴィン・オールセット)彼もノルウェー出身。Nils Petter Molvaerや、私の超大好きピアニストのKetil Bjornstadの作品のかなりの数に参加しています。
彼のリーダー作、「Light Extracts」はこのSolid Etherが好きな方には非常にお勧めです。脳汁ばんばんです。

ボーカルのSidsel Endresen(シゼル・アンドレセン)。彼女もノルウェー出身です。紹介した3名は音楽的に交流が深く、互いのアルバムに参加しあっています。リーダー作も多く、北欧ボーカルを堪能したいのであれば彼女のアルバムはGETする価値、大いにあります。



さて、曲の紹介を。

2曲目、Vildernessの動画がありました。


この演奏はこのSolid Ether収録の演奏とアレンジはほとんど一緒です。

これを聴いて脳汁出ちゃったならこのアルバムは買いです。
こういうドラムンベースのリズムに乗せて電気トランペットが舞う演奏の間にSidsel Endresenのボーカルをフューチャーした小曲が入ってます。

Sidsel Endresenがどのようなボーカリストかというと


こんな系統です。これはJazz Landから出ている「Out Here In There」というアルバムに入っている曲です。


こちら、非常に長い動画ですが、1曲目 Dead Indeedとかやってます。CDとは全然アレンジ違いますが。ギターはもちろんEivind Aarsetです。



完全にクラブ系ですよね。これをECMから出すことを許すECM総帥、マンフレード・アイヒャーの器はでかいな、と思います。
彼は割と最近ECM New Seriesみたいなクラシック、現代音楽寄りな作品を好んでますけど、音楽的な進化にも寛容なようです。


いくつか動画紹介しましたが。これらを見ていただくと、だいたいSolid Etherというアルバムがどういう類か想像付くかと思います。

是非是非買っちゃってください!


M-P240

M-P240

M240

M240

M-E

Monochrom

X113

X-Vario

X-Vario

X-E

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album