ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ジャズ研OBの演奏 | main | Haiti / Simon Goubert 名盤を探せPart 1-168 >>
2009.07.26 Sunday

Jazz的要素を含むエレクトロニカ

筆者はジャズ以外にもドラムンベースなどのエレクトロニカ系音楽が大好きです。
Aphex Twin、Squarepusher、Venetian Snares、Jaga Jazzist、Benevento Russo Duo、World's End Girlfriendあたりが特にお気に入りです。

JazzのCDでもJazzlandあたりのレーベルがそういったテクノ色の強いCDを多くリリースしており、ジャズリスナーでもフロア系音楽を聴く人はかなり多くなっていると思われます。
最近ではECMならばNils Petter Molvaerの「Solid Ether」などが打ち込み系ジャズとしては大人気だったり、E.S.T.(Esbjorn Svensson Trio)などのエレクトロニカ的要素を多く含んだジャズピアノトリオが居たり、注目度は上がっていると思います。

ちょっとそういった音楽を紹介したいと思います。

spectres de mouse / mouse on the keys

まずはこちら、mouse on the keysという日本人によるバンドです。
この曲は2009年7月8日発売の新譜「an anxious object」というアルバムの2曲目です。
ドラムのバカテクっぷりがすごいですが、かなりJazzっぽいところがあります。
このアルバムにはソプラノサックスやトランペットも入っています。



My Pet Goat / Benevento Russo Duo

こちらはBenevento Russo Duoというバンド、Marco Benevento(keyboard)とJoe Russo(ds)の二人組です。これはライブ映像なんですが、この曲は「Best Reason To Buy The Sun」というアルバムに収録されています。
これまたドラムがバカテク系です。打ち込みと生ドラムが上手に混ざって非常にカッコイイグルーヴが生まれています。超ゴキゲンです。


http://www.youtube.com/watch?v=5mr9Ahdvpbo
Gold Wrap / E.S.T.(Esbjorn Svensson Trio)

youtubeでblog埋め込みが出来ないようになってるのでURLだけで申し訳ないです。リンクから飛んでいって聴いてください。
スウェーデンのジャズピアノトリオ、E.S.T.です。彼らは歴としたジャズピアノトリオでして、エレクトロニカ的要素をふんだんに取り入れているため、クラブ系の音楽が好きな人からの評価も非常に高いです。
残念なことに、ピアニストでリーダーであるエスビョルン・スベンソンが2008年6月にスキューバダイビングの事故にて亡くなりました・・・。よって、今後新譜が出ることは絶望的と思われます。



Animal Chin / Jaga Jazzist

こちらはノルウェーのJaga Jazzist(北欧なので”ヤガ・ヤシスト”と発音するのが正しいはず)というバンドです。バリバリのドラムンベースですが、トランペット、サックス、フルート、クラリネットといった管楽器がふんだんに使われ、非常に大所帯なバンドとなっております。現地でも非常に人気があるようで、youtubeには沢山のライブ動画がUPされております。
結構な枚数のCDが出ていますが、そのどれも格好良いです。




Unspoiled Monster / World's End Girlfriend

日本人によるエレクトロニカバンド、ワールズ・エンド・ガールフレンドです。
これまで紹介したバンドに比べるとジャズ的要素は少ないです。ですが、個人的にかなり好きなので紹介してみました。
姉妹品として、「World's End Boyfriend」「Wonderland Falling Yesterday」といった名義でもCDが出ています。
筆者はWEGの中でも特に「Mono & World's End Girlfriend」名義で出ている「Palmless Prayer/Mass Murder Refrain」というアルバムが大好きです。
非常に静かな雰囲気の中、ストリングスが折り重なるように鳴り、異常な陶酔感があります。ヤバイです。




Trailer 5 / Mono & World's End Girlfriend

Trailer 1から5までの全5章構成なんですが、徐々に盛り上がっていき、絶頂に達してまた静かになり、そしてこのTrailer 5にてまた盛り上がる。ついつい全5章通して聴きたくなります。


何かしら興味の沸くミュージシャンが見つかりましたら幸いです。







M-P240

M-P240

M240

M240

M-E

Monochrom

X113

X-Vario

X-Vario

X-E

コメント
素晴らしいエントリ!ありがとうございます!!
  • 2013.12.20 Friday 22:12
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album