ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Lunar Eclipse / Tony Dagradi 名盤を探せPart 1-3 | main | Loaded / The Quartet 名盤を探せPart 1-9 >>
2009.07.10 Friday

The Hapless Child / Michael Mantler

後々のジャズ研名盤でも紹介しますが、Michael Mantlerの「The Hapless Child」という名盤があります。ECMの傘下レーベルであるWATTから出ていて、VocalがRobert Wyatt(ソフトマシーンの元Vo)、Piano&KeyboardsにCarla Bley、BassにSteve Swallow、DrumsにJack DeJohnette、GuitarにTerje RypdalとまさにECMスターオンパレードな音源です。肝心のマントラーは作曲と監修担当です。

ガチガチのジャズミュージシャンによる作品ですが、アルバム1曲目は

こんなんです(´д`;)
オルタナティブロックかプログレといった所でしょうか。ジャズらしい雰囲気は殆ど無く、明らかにロック。ですが超熱い!
エドワード・ゴーリーという非常に悪趣味で、子供に読み聞かせたら確実に泣くであろうと思われる絵本を描いている方の作品(絵本)の文章を詩に、曲を当てております。

正直この作品をblogにて取り上げるのがいつになるのかわからないので今のうちに書いておきます。youtubeですごい映像を見つけました。



タイトル曲であり、アルバムの最後を飾る「The Hapless Child(不幸な子供)」のライブ映像がありました。ヤバイです。超レアです。こんな映像が存在していること自体に驚愕しました。歌はRoberto WyattではなくJack Bruceが歌っています。


CDオリジナル音源はこちら。元ネタ絵本の絵と共に、歌詞の和訳まで付いています。内容を見れば、「子供が泣く絵本」であることが良くわかると思いますw
一番の謎は、タグに「鳥居みゆき」って入ってる事ですwww

そのほかにも

「The Insect God」。ヤバイですね。かっこよすぎます。



「The Remembered Visit」。よくこういった音源をUPしてくれるものだ、と驚きます。正直な感想はどこに需要があるんだよ、ですがw


「The Doubtful Guest (うろんな客)」。カッコイイです。


「Something There」。アルバム未収録作品です。


「For Instance」。アルバム未収録作品です。


「When I Run」。アルバム未収録作品です。


「No Anser」。アルバム未収録作品です。マイケル・マントラーのトランペットが聴けます。


ジャズ研に所属する人も昔はロックとか聴いていたと思います。当時の熱い心がよみがえるすばらしいアルバムだと思います。演奏は憧れのジャズミュージシャン達ですし。これは胸を張って名盤だと言える作品だと思います。もし気に入ったなら、是非買ってみてください。HMVとかTower Recordsのネット通販ならまだ安価に入手出来るかと思います。










M-P240

M-P240

M240

M240

M-E

Monochrom

X113

X-Vario

X-Vario

X-E

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album