ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< youtube貼り付けテスト | main | 東北大ジャズ研の歴史 >>
2009.07.03 Friday

blog解説に至ったわけ

このblogを立ち上げるに至った経緯をもう少し詳しく説明したいと思います。

ジャズ研内では代々、口頭でそういったCDやLPが伝承されていました。
上級生が口にするおもしろいCDの話を下級生が聞いていて、それをその人たちが買っていく、そうやって代々伝わって来ました。

ですが時代もどんどん変わってきました。
私が大学に入りジャズ研に入部した頃よりも遙かにインターネットも発達しました。
以前は動いているミュージシャンの姿を見るにはビデオを手に入れるなどしないと無理で、あまり映像作品の出ていないミュージシャンは演奏姿を見るには実際にライブに行くなどしないと無理でした。
youtubeの登場は衝撃的で、そこでSteve GrossmanやKenny Wheelerの演奏している姿を見ることが出来た時は非常に感動したのを覚えています。

以前と比べ、ジャズ研の雰囲気もかなり変わりました。
正直、口頭だけでは今まで代々伝わってきた名盤の伝承が困難なのでは、と思うことが多々あります。
昔は部室の閉まる21時頃まで1年生2年生が練習をしていて、その後一緒に食事などに行きそこでジャズの話をする、といった事が毎日行われていましたが、最近は部室が閉まりその後食事に行くような時間まで低学年の人たちが練習していることは少なくなりました。
部室が閉まるような時間まで練習・セッションをしているのは上級生ばかりです(これを見た1・2年生は是非とも遅い時間帯まで部室を堪能して欲しいです。別に怖くないし!(笑))。

これも時代なのかな、と、上級生の間では話を良くしています。

ならば、時代に合わせてジャズ研も変わっていかなければならないと思うのです。
今は完全にインターネットの時代です。

このblogを立ち上げよう、と強く思わされたのは以下のようか事があったからでした。

学園祭でJohn ZornのCobraをやりたいね、的な話を部室施錠後にご飯を食べに行った後話していて、その後、非公開であるJohn Zorn's Cobraのルールをインターネット上でかき集めるという事をしていました。
その時に、たまたま筑波大ジャズ研の方の掲示板にぶち当たりました。

そこからリンクをどんどん辿っていくと、筑波大ジャズ研さんのスレッド式裏掲示板や、Wikiを発見しました。
そのwikiがかなり衝撃的で、筑波大ジャズ研さんに代々伝わる用語や、バンドの紹介、フリーのセッションの音源などがUPされていました。

ああ、やはり東京に近い大学のジャズ研は時代に合わせて進歩していってるんだな、と強く思わされました。

正直、東北大ジャズ研は古くからのやり方に結構執着している感が、最上級生としてありました。これではいかん、何か始めなくては、と思いました。

それがこのblogを立ち上げる最大の要因となっています。

あの筑波大ジャズ研さんのwikiは、一応誰でも見られるよう公開されてはいるものの、一応身内向けの物なんだろうな、と思わされました。非常におもしろかったですけど。

そこで、私としましては、このblogは東北大ジャズ研の現役部員・OB・OGはもちろん、一般の方にも出来る限り楽しんでいただけたらな、と思っています。
そのためにも頑張って更新していきたいと思っておりますので、なにとぞ応援のほう、よろしくお願いいたします。

M-P240

M-P240

M240

M240

M-E

Monochrom

X113

X-Vario

X-Vario

X-E

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album